韓国食材・レシピ

韓国ロッテ モンシェルトントン オリジナル&カカオ食べ比べ

最近、韓国のお菓子も手軽に購入できるようになってきましたよね!

今回は「韓国のお菓子の中で一番おいしい!」と韓国の友達が豪語する「モンシェル」をご紹介します。

このモンシェルは、日本で販売しているところはまだ見たことがないですが、もしかしたらそのうち入ってくるかもしれないので、今回は友達から送ってもらったオリジナルとカカオの2種類を食べ比べてレビューします!

スポンサーリンク

モンシェルトントンの由来

「モンシェルトントン(몽쉘통통)」はフランス語で「私の親愛なるおじさん(Mon Cher Tonton)」という意味。

1987年に別の名前の商品が前身として発売され、ネーミング等の変更を経て、「モンシェルトントン」という名前で販売されていました。

現在の商品名は「モンシェル」となっていますが、これは1999年のリニューアルのタイミングで、「トントン(통통)」が「ぽっちゃりとしている(통통하다)」という意味にとれることから、現在の「モンシェル」になったそうです。

オリジナルとカカオの食べ比べ

今回は韓国の友人にオリジナルとカカオを送ってもらったので、食べ比べをしてみようと思います。

パッケージ

パッケージはオリジナルが白、カカオが茶色です。

オリジナル
カカオ

コーティング

オリジナルの方が波波模様が細かく、カカオは緩やかな感じ。でも大きな差は無いようにも見えます。

オリジナル
カカオ

中身

中身は違いがはっきりしています。
オリジナルはスポンジ部分が白、カカオはチョコレート。

オリジナル
カカオ

個人的にはオリジナルの方が好みでしたが、カカオはチョコレートを強く感じられるので、チョコレート好きにはカカオがおすすめです!

日本ロッテのチョコパイと似ていますが、風味はこちらの方がしっとりとしておいしい気がします。
日本のチョコパイは洋酒が入っていて大人の味わいといった印象。

完全に個人的な印象ですが、

モンシェルトントン>チョコパイ(日本)>チョコパイ(韓国)

という順番で美味しいと思いました!(韓国のチョコパイは、日本でいうエンゼルパイといった感じで中身がマシュマロなので、好みの問題も往々にしてあり)

すず

<この記事を書いた人>

✔ suzu-trip 運営者

✔ 神奈川県出身

✔ 福岡在住8年目(2022年現在)

Twitter

Instagram

タイトルとURLをコピーしました