雑記

【2021年版】福岡博多で厄除けと言えば、若八幡宮!厄払いの料金はいくら?

雑記

こんにちは。すず(@suzu_tirp)です。

博多エリアで厄除けと言えば「若八幡宮」というほど有名な「若八幡宮」。
年が明けて、厄除けに行かれる方も多いかと思います。
でも、「厄除けに行ったらお金はいくら包むべきなの?」とか
「封筒は必要なの?」など、わからないことも多いですよね。

 

私も今まで厄除けは、東京の明治神宮で一度受けたきり。
それもかなり前の話なので、こころざしとして
いくら包むべきなのかもよくわからなかったので、
こちらでご紹介してみたいと思います。

この記事を読むと分かること
  • コロナ禍での対応
  • 厄除けに際の「お志」はいくらか
  • 若八幡宮の返礼品
  • 若八幡宮での厄除けの流れ

写真はコロナ前に行った際に撮影したものです。

スポンサーリンク

博多で厄除けと言えば!若八幡宮

私は関東出身のため、福岡での厄除けは初体験。
福岡で厄除けをするならどこにいくべきか、
福岡出身の知人数人にヒアリングしてみた結果、ほとんど全員が
「若八幡宮」と言っていたので、今回行ってみることにしました。

アクセス

祇園駅 4番出口から徒歩5分です。

 

「お志」っていくら包むべき?封筒は必要?

若八幡宮では、以下のように掲示されています。

祈願初穂料は「お志」(金額に決まりはありません)です。
のし袋・封筒・ちり紙等をお持ちであれば、お包みの上、申し込み時にお納めください。
尚、初穂料により徹供袋の個数並びに内容が異なりますので、何卒宜しく、ご了承下さい。

「金額は決まっていない」ということは、
私は試されているのか…??なんて思いながらも、
この時、大厄でもあり、良くないことが続いていたこともあり、
えい!!!ライブ一回分くらい投資してみよう!と思って
「5,000円」包むことにしました。

 

実際に包んだお金
  • 大厄の年(2020):5,000円
  • 後厄の年(2021):5,000円

 

2020年は、事前にお金を入れる用の白い封筒を買い、
その中にお金を入れて八幡宮に行きました。

2021年は、若八幡宮に着いてから封筒を忘れたことに気がつき、
そのままお金を渡してみました。

封筒が無くても普通に受け取ってくれましたが、
おつり?という考え方は無いようなので、
渡したい金額を用意して、それを渡すのが良さそう。
(5,000円を渡してそのまま「こちらにどうぞ〜」と待つエリアに案内されました。)

一番いいのは、封筒に入れることだとは思いますが忘れた時のために。

 

厄払いの流れ

若八幡宮は敷地に入るとすぐ、受付が見えるので、
そこで、祈祷を受ける人の名前、住所を書き、お金と一緒に提出します。

あとで、祈祷の際にこの名前と住所が読み上げられます。

提出した後は、空いているスペースで待つように案内されます。

初めて行ったのは2020年1月下旬。

新年すぐということと、コロナの話もまだ本格的では無かったため、人も多いですね。

この時は、前方にパイプ椅子席、後方にスタンディングエリアという感じで、
この建物の中にこんなに入るの?と思うくらいに、
とにかくぎゅーぎゅーに入っていました。


2021年に行った際は、コロナ対策のため、祈祷をする建物の中には20名程度間隔を空けて立ちます。全席スタンディングで、時間もかなり長いので、ずっと立っていることに不安がある方は先に申し出る方が良いかと思います。

 

待機した後に、名前を呼ばれるので、呼ばれた順に建物の中に入ります。

 

全員入り終わったら、祈祷が始まります。
(祈祷中には一人ずつ名前が読み上げられます。)

 

祈祷の後、一人ずつ鈴?のようなもので、お祓いを受けます。

 

入ってから出るまで、40分程度だったと思います。
祈祷が一通り終わったら、建物から外にでて、返礼品を受け取り、
厄払い終了です。

 

祈祷を受ける建物の中は撮影禁止です。

 

返礼品

私は冒頭にも紹介しましたが、2020年、2021年ともに「5,000円」を包みました。
金額に応じて返される返礼品のサイズ?量?を見るところ、
私はかなり多めの額だった模様。

受け取ったのはこの3種類です。
  • 祈願章(名前、年齢が入っています。)
  • 赤いお守り
  • お箸
  • お神酒(杜の蔵)
  • 落雁

祈願章は、神棚があれば神棚、なければ「居間等の明るく清浄な高い所に祈願章の正面が南か東の方角に向くように貼ってください」ということだったので、それっぽい場所に貼ってみました。

 

お酒と落雁はおいしくいただきました☺️
落雁がめちゃくちゃ美味しかったけど、どこのお店だったか失念😭

お神酒は久留米市三潴みづま町にある「杜の蔵」という蔵のお酒でした。

 

お神酒はそのまま飲むのにもよいし、お料理に使っても👍
ちなみに、杜の蔵は「一の矢」というお酒が好きです…😋

まとめ

さて、ここまで若八幡宮のご紹介をしました。

厄除けの効果というと、私は仕事でかなり苦労していた案件が、
急に無かったことになり、突如その苦痛から開放されたので、
一応「若八幡宮」の効果大あり!だと思っています😂
 

通気性のいい木の格子のある建物の中で祈祷は行われますが、
小さな空間に20名程度の人が入るので、気になる方はよくご検討された方がよいかもしれません。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
\ Follow Me! /
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

\ Follow Me! /
suzu-trip
タイトルとURLをコピーしました