韓国 雑記

ドラマ「青春の記録」を見て、恋愛に関する「許可」について考える

韓国

私はNetflix中毒と言っていいほど、
空き時間はNetflixと共に過ごしている。

 

見るものはもっぱら韓国ドラマか韓国映画だ。

 

最近、パク・ボゴムとパク・ソダム主演の
「青春の記録」というドラマを見ている。

 

貧しい家庭出身のヘジュン(パク・ボゴム)と、
裕福な家庭出身のヘヒョが芸能界で活躍していく姿。
大企業をやめてヘアメイクとして働いているジョンハ(パク・ソダム)と二人の出会い。
ヘジュン・ヘヒョ・ジヌの友情、恋愛…

 

私も約10年前、ヘアメイクをしていた時期があったので、
ジョンハの姿や、ヘジュンの裏で切磋琢磨したり、所属事務所とのいざこざなど、
共感する姿が多く、すっかり見入ってしまっている。(現在7話視聴中)

 

ここからは少し内容のネタバレにもなるので、
苦手な方はここから先には進まず、別の記事を読んで御退室を✋

 

 

スポンサーリンク

恋愛における「許可」の必要性

 

ドラマの中盤で、ジヌが自身の彼女ヘナ(へヒョの妹)に、
「そろそろ俺たち、19禁に進展したいんだけど、ヘナはどう思う?」と聞くシーンが出てくる。

 

ヘナは「私もそう思ってた!」と言って、
「でも、いろいろ心配だから、ワクチン摂取が終わってからね!」と
子宮頸がんワクチンの摂取が三回終わったら先に進展する、と約束をする。

 

 

7話ではヘジュンとジョンハが話す場面で、
「今、したいことがある…許可が必要なんだけど…」と
ヘジュンがちょっともじもじしながらジョンハに話して、
ジョンハが「許可するよ。」というシーンがある。

 

この後ヘジュンとジョンハはキスをするんだけど、
こういう相手に触れることに対する確認とか、
進度を確認する行為がさらっと描かれていてとてもいいな、と思った。

1話でジヌがヘナに対して「別のところに行きたい」と行ったあと、
ヘナは「嫌だ」と返し、それに対し「ヘナが嫌なら、俺もイヤ。」というシーンが出てきて、
相手に強要しないジヌがとてもいいな、と思ったし、
その気持ちはヘナも同じだったようだった。

 

性被害のニュースなどで加害者側が「同意の上だった」と供述するのをよく見るし、
それがネット上で話題になったりすると、必ずと言っていいほど、
「被害者に非がある」といったセカンドレイプが繰り広げられる。

 

お酒を過度に飲ませたり、薬を飲ませたりして行為に及ぶことはもちろん犯罪だけど、
中にはいろいろなことが頭をよぎって「断りきれなかった」ということもあると思う。
家族に被害が及ばないか、とか、仕事のことを考えると…とか。
理由は様々だけど、そういうこともあると思う。

 

ちょっと話が外れたけど、このドラマのように、
お互い好きということを「告白」という行為を通して確認したあと、
次の段階をお互いで認識しながら、都度同意を取って進度を進めるのは、
双方の誤解や考えの差を埋めることができるし、
お互いへの配慮や優しさ、理解でもあると思う。

 

恋愛においては特に、
こういう小さな許可や同意の積み重ねが必要だと思う。

 

恋愛とはコミュニケーションがその大半を占めている。

 

身体に触れるということ

その人の身体に触れることは、同性異性関係なく許可が必要だ。
(もちろん、双方ですでに構築されたある程度の確実な関係性があれば、
また例外なんだろうけど。)

 

私も過去に、男性に「頑張ってね」といって、肩を撫でられたりしたことがある。

 

その人はねぎらいの意味で、そういった行為をしたのかもしれないけど、
その対象である私は、ねぎらいは愚か、
今すぐにでも通報したい気分でしかなかった。

 

過去に一緒に仕事をした人の中にも、
無駄に握手を求めてきたり、無駄にぴったりとくっついてきたり。

 

そういう人たちもいた。

 

私ひとりがこんなに多くの体験をしているのだろうか?

 

答えはNOだと私は思う。

 

実際にそういう話は多くの人から聞いた。
これは性別関係なく、相手が不快に感じるならそれはすでにラインを超えている。

 

もし、相手に触れることでコミュニケーションを取ろうとしている人がいるなら、
それは実行に写す前に考え直すべきだと思う。

 

仕事の関係が絡んだりすれば、尚更。

 

ここまで思い浮かぶままに書いたから、
構成も何もないような文だけど、とりあえず頭に浮かんだことを書き連ねた。

   

リライトはまた後日。

 

スポンサーリンク
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

suzu-trip | すずとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました