福岡生活

【福岡で韓国チキンを食べるなら】Goobne Chiken グッネチキン福岡天神店

福岡生活

福岡にとうとう!韓国チキンのお店ができました!!

 

\その名も「グッネチキン」です!/

この「グッネチキン」は韓国でもチェーン展開されている、
オーブンで焼いたタイプのチキンのお店です。

 

韓国では「チメク」といって、
チキン&メクチュ(ビール))を楽しむ文化(?)があります。

 

チキンとビールは、日本でいえば
「からあげとビール」といったところでしょうか。

 

そのほかにも、「ピメク(ピザ&ビール)」という言葉もあります。

 

それはそうと、私は自他共に認める韓国チキン好き。
「チキン」は韓国の国宝だと思っています。

 

Brandon OhによるPixabayからの画像

 

日本の「からあげ」や、ケンタッキーの「フライドチキン」とも違う、
カリカリサクサクの衣をまとったフライド、
甘辛のたれが絡んだヤンニョム。

 

一ヵ月に一回は韓国に行っていますが、
チキンを食べないことは無いほどに、
私の中では「韓国料理化」しています。

 

今まで、日本にある韓国料理屋さんで「ヤンニョムチキン」の文字はあっても、
ケチャップ味のから揚げだったり、
から揚げにちょぴり辛いソースがかかっていたり。
期待してはフラれ、期待してはフラれ・・・の連続でした。

 

そんな中、韓国内でもチェーンである「グッネチキン」が天神にできたと聞き、
飛び上がる思いで、さっそく行ってきました。
(とか言っても、オープンしてから3か月くらい経ってる←)

 

Uber Eatsでの注文記はこちら

 

スポンサーリンク

場所

場所は、赤坂駅からほど近いエリア。
福岡民ならきっと知っている「アプロ」という韓国料理屋さんの
二階にあります。

店舗外観

メニュー

「グッネバササック」というサクサクのチキンがここグッネチキンの定番。
辛い「グッネ唐辛子(コチュ)バササック」も、
辛い物好きにはおすすめしたい逸品。

メニューはこんな感じ。

 

お箸やナプキンはテーブルの横に。
韓国スタイルですね( ˘ω˘ )

セッティング完了。

「グッネ唐辛子(コチュ)バササック」と、
「ヤンニョムチキン」のチーズフォンデュを注文。

横のステンレスのバケツ?に入っている手袋をつけて、
豪快にかぶりつきます!
まずはチーズを付けずに、プレーンで。

 

うまい。

 

期待していたそのままの味で、ほっとしました。

 

グッネチキンは、オーブンで焼くタイプのチキンなので、
油で揚げるチキンとはまた違いますが、
カリカリでおいしいです。

 

ちゃんと「ム(大根の酢漬け)」も出てきて、お代わり自由。
欲を言えば、チキンが出てくる前に、
あの謎の穴の開いたお菓子(쌀대롱/マカロニというらしい)が出てきていたら、
パーフェクトだったのでは、という個人的な感想←

 

人数よりも少なめに頼んだので、
違うメニューを追加。

 

玉子焼きと、グリルのチキンを追加。

 

これもおいしかったけど、
私個人的には「グッネ唐辛子バササック」が好みでした(/・ω・)/

 

Uber Eatsや持ち帰りも可能なので、
チキンが食べたくなったときは、利用しようと思います。

 

Uber Eatsでの注文体験記はこちらからどうぞ!

 

The following two tabs change content below.
スズキ
1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。 元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流の仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました