オルレ 済州オルレ 旅行 韓国旅行 済州道

【済州オルレ】2019年済州オルレフェスティバル参加体験記 2日目 9コース(大坪(デピョン)~和順(ファスン))

オルレ
スポンサーリンク

9コース(大坪(デピョン)~和順(ファスン))

このコースは山が大半の険しいコースですが、距離はそこまで長くありません。

今回は、イベントのため、逆コース&ゴール地点が8コースのノンジッムルとなり、もともとのコースより少し長めの距離になっていました。

スタート

山房山(サンバンサン)が見えます。

オープニングイベントとしてみんなで、
曲に合わせてダンスやストレッチを行います。

この時点で午前9時ですが、朝からテンション高く楽しい雰囲気です!

 

スタートすると、少し歩いて、早速山の道になります。

この先は、入口が狭く、かなり渋滞しました。

山登りが始まる前に、お餅を配っていたので、
朝食代わりにいただきました。(朝早くて朝ご飯食べれなかった←)

 

これは、カレトックと言って、うるち米で作ったプレーンのお餅。
味は表面にうっすら塗られているごま油の香ばしい味だけです。
そう、あのトッポッキに入ってるお餅の完全版(?)です。

 

焼き餅も時々何もつけずに食べる私としては、とてもおいしく、
この先に待ち構える山を登るには本当にありがたかったです。

 

さて、ここから先は道が険しすぎて、
写真なんて撮れませんでしたwww

 

どんな道かというと、人間の頭くらいの大きさの岩?石?がゴロゴロしていて、
さらにそれが不安定に揺れる。
そして、道(土)が乾燥していて、砂の部分は滑るし、勾配は急だし。

 

さすが、上級コース。

 

と、いうわけで、山の頂上でやっと写真を撮ることができました。

遠くに見えるのは、スタート地点から見えた山房山(サンバンサン)。

途中、参加者の見知らぬ方からミカンをいただき、糖分&水分補給。

ありがたや~(*’ω’*)

 

道も狭いので、かなり渋滞しつつ、
険しい道を超えてようやく山の部分終了です。

 

山を下ると本来のコースとしてはフィニッシュ。
しかし、今回はイベントなので、もう少し進みます。

 

ランチ

ふもとに降りてきたらようやくランチです。
この時点で、すでに13:30。おなかすいた・・・。

昨日と同様に食券をもって、食事を受け取ります。

昼食受け取り場所

今日のメニューは、ウニのそうめん。

  • ウニそうめん
  • ウズラの卵の煮物
  • 玉ねぎのジャンアチ(醤油漬け)
  • キムチ
  • 知り合いのお姉さまからいただいたネギギムチ
  • 同じく頂き物の(日本では食べない高麗人参的な根っこの)キムチ
  • ゆでサザエ(6000ウォン)
  • マッコリ(3000ウォン)

ゴージャスな昼食になりました。

そうめんっぽいけど、ちょっと太めな麺。
ネギギムチと一緒に!

 

再出発!

お昼を食べたら、再びコースに繰り出します。

ここからは平たんな道が続くので、ゆっくりとおしゃべりしながら歩きます。

昼食会場出てすぐにあるコンビニで、ビールをごちそうになりました。

さらに歩を進めて、缶ビールを飲み終わるころに、
クラフトビールを売っているカフェがあったのでここでもまたビール(笑)

ストローでビールを飲むなんて!
おしゃれですね←

「飲んだくれオルレ」(笑)

 

フィニッシュ

お昼の場所が、コースの後半に差し掛かった場所なので、
ぼちぼち歩いていたら、ゴールに到着。

「もうすぐフィニッシュ!」という済州方言
「がんばれ!」という済州方言ボードとカンセ君。

ゴールでは様々なイベントが開催されており、
歩き疲れた人々を癒してくれます。

この日は、夕暮れ時にぴったりの曲がライブ演奏されていました。

歩き終わった後は、素敵な音楽とマッコリなどで体を癒し、各々解散です。

2020年 済州ウォーキングフェスティバルの日程

来年2020年の済州オルレウォーキングフェスティバルは、
11月5日(木)・11月6日(金)・11月7日(土)となります。

コースは、11コース、12コース、13コースを歩きます。

日本人向けのツアーも毎年組まれていますので、
是非参加してみてくださいね!

まとめ

日本人向けツアーは、済州集合のため、飛行機は各自する必要がありますが、
そこからのバスなどはすべてパッケージになっているので、
スタート地点への移動などはわざわざ調べなくてよいので、ラクチンです!

一人で参加するもよし、仲間で参加するもよし!
季節も最高なので、韓国済州の美しい自然を、オルレを歩くことで満喫できる
「済州オルレウォーキングフェスティバル」に、
来年も是非参加してみてくださいね!

 

スポンサーリンク
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

Follow @tmfdl2

suzu-trip | すずとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました