旅行 ビール 国内旅行 福岡県 お酒

夏だ!ビールだ!福岡で作りたてのクラフトビールを楽しむ『あすなろブルワリー』

旅行
スポンサーリンク

ASUNARO BREWERY

福岡市内の中心部から少し離れた、福岡県庁、
福岡県警や九大病院などがあるエリアに『あすなろブルワリー』はある。

最寄駅は福岡市営地下鉄貝塚線の「千代県庁口駅」。
駅からは徒歩5分くらいだろうか。

お洒落なファッション系のお店かと思うような店構えである。

店内は15席程度でガヤガヤしていないのがいい。
少人数のサクッと飲みにぴったりのお店だ。

クラフトビール

ビールのメニューは、 ゆず香るセブン5%、ちよエール 6.8%、
八女茶使用グリーンティーIPA 6%の三種類。(M:¥500, L:¥850)

ゆず香るセブン  5%

口に含むとすぐにゆずの香りが鼻を抜ける。
さわやかなビールだ。
ゴクゴクと飲みたい。

ちよエール(ペールエール)  6.8%

ちよエールはこの店で醸造しており、出来立てを味わえるビールだ。

オーナーが、アルコール度数が高いので、気をつけてくださいね。と一言つ付け加えてくださったが、飲んでみると確かに強めのアルコールを感じる。

しっかりとした味わいだ。

グリーンティーIPA 6%

福岡県が誇る八女茶を使用したグリーンティーIPA。お茶の渋みを感じるビールで、この中では多分一番飲みやすい味わい。

おつまみ

おつまみは軽めのものが多い。

 

一杯目はまず、軽めの「ゆず香るエール」にしてみる。


私はお酒を飲むとナッツが食べたくなるのだが、今日はピザにする。

カルボナーラピザのハーフサイズ。
ハーフピザとサラミ、コーンスナックが一皿に盛られているので、
このサイドたちはビールを飲みながらちまちま食べられる。

 

アツアツのピザを火傷覚悟で一口頬張り、冷たいビールで流し込む。
大きな幸せいっぱいのため息が無意識のうちに出る。

これこそビールの醍醐味だ。

 

おなかがすいていたので、うっかり食べてしまってから、
写真を撮っていないことに気が付いた。
(というわけで、食べかけの写真になってしまったのでご理解を。)

 

二杯目は、「ちよエール」を頼んでみた。

前回来たときは、ここでのビール醸造はされていなかったので、
期待して一口目を口に含んだ。 

アルコール度数 6.8%ともあって、強めのアルコールを感じる。
クラフトビールらしい苦みも感じる。
ピザの横に添えられたサラミによく合うビールだ。

 

6.8%なので、ビール界のストロングゼロとでも言えようか。
あまりゴクゴク飲むと、一気に酔いが回ってきそうなので、
適度に調整しながら飲む。

平日の早い夜に、ほろ酔い気分になれるのは、
「幸せ」そのものだ。

 

 

村井さん

話を聞くとここの店長である村井さんは、
元エミレーツ航空の客室乗務員で、もちろん英語も話せるとのこと。
7年務めた航空会社を退社して、
この店舗を2018年の10月にオープンしたという。

軒先にはこんな看板も置いてある。
この辺はゲストハウスも多いエリアなので、
外国人のお客さんも多いように思う。

 

他のお客様もいなかったので、村井さんに、
韓国が好きで、韓国にもよく行くと話すと、
梨泰院(イテウォン)にあるクラフトビールのお店、
「TAP PUBLIC(タップパブリック)」の話をしてくださった。

偶然にも、私のブログの中で、アクセス数が多い記事が、
タップパブリックの記事なので、その話で盛り上がった。

TAP PUBLICの様子

アルコール度数が高めのビールを頼むと、
「酔いやすいので気をつけてください。」と気遣いのある
声がけをしてくださった。

 

まとめ

蒸し暑い夏の日の仕事帰りや、休みの日に、
ここ「あすなろブルワリー」で、
できたての爽やかな味わいのビールを味わってみてはどうだろうか。

 

アクセス

  

Instagram

関連記事

The following two tabs change content below.
スズキ
1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。 元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流の仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました