旅行 韓国旅行 慶尚北道 大邱(テグ)広域市 カフェめぐり

【韓国・大邱 東城路(トンソンロ)】カフェ巡り|COMFY COFFEE/컴피커피

旅行

最近、韓国の南東部にある大邱(テグ)は、カフェのまちとしてもよく知られています。

そこで、先日大邱に行った際に訪れた、
かわいらしく、コーヒーもおいしいカフェ
「COMFY COFFEE」に関して、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

COMFY COFFEE

COMFY COFFEEは、韓国風の発音だと「コmピ コピ」となります。
mは、ママというときの口をイメージして発音してみてください。

場所とアクセス

COMFY COFFEEは、大邱の繁華街(若者のまち)である
東城路(トンソンロ)エリアにあります。

最寄りの駅は、地下鉄の「中央駅」です。

 

カフェに向かう小道にもかわいらしいセレクトショップや、
ブックカフェ、個性豊かなカフェなどが並んでいるので、
カフェのはしごをしてもいいかもしれません。

 

帰り道に撮った写真

 

しばらく歩くと、かわいらしい木の看板が目に入ります。

 

 

階段を上ると、カフェです。

 

天井には、古い日本家屋のような梁が見えています。

 

私が行った時間帯は少し早かったせいか、
あまりお客さんは多くありませんでしたが、
帰るころには席がいっぱいになっていました。

 

ドリンク注文

席を確保したら、カウンターへ行ってドリンク注文です。
私は「アインシュペナー」という、いわゆる「ウインナーコーヒー」が
飲みたかったので、それを注文しました。

メニューの写真は取り忘れてしまいましたが、
4000~6000ウォン程度の金額で、
かわいらしいケーキなども販売されていました!

 

水はセルフ

 

ドリンク受け取り

カウンターから「アインシュペナーご注文の方~」と呼ばれ、取りに行きます。

 

これが「アインシュペナー」です。

 

 

アイスコーヒーの上に、緩めの生クリームが乗っています。
生クリームは甘めです。

 

ココアパウダー

私は、生クリームを一口食べては、コーヒーを飲むのを繰り返し、
半分くらいなくなったところで、生クリームとコーヒーを混ぜて、
コーヒー牛乳風にして飲みます。

 

疲れた体に甘いものがしみますな~。

まったり時間を過ごしたら、
また再び大邱のまちに繰り出します。

 

美味しいコーヒー、ごちそうさまでした。

 

The following two tabs change content below.
スズキ
1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。 元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流の仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました