韓国旅行 慶尚北道 お酒

【大邱でクラフトビールを楽しむ】Daedo Brewery

韓国旅行

こんにちは。スズキです。

今日は、韓国地方都市のクラフトビールに関する情報を
ご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

旅行に行くときには必ず調べるクラフトビール情報

私の場合、言葉も通じるので、韓国にはひとりでふらっと、ということも
よくあるのですが、旅行地を決めたらまず、クラフトビールを扱っているお店を調べることにしています。

韓国は、近年クラフトビールブームでもあり、
数年前に酒税法が改定され、大手メーカーのビールに加え、
地域の特色のあるビールが多く流通するようになりました。

私がその地のクラフトビールのお店をいつもチェックするのは、
その地のクラフトビールで、その地域を感じたいから。

そして、今回大邱に向かうことを決めてから、
この店に行くことをすぐに決めました。

 

大邱 Daedo Brewery

2019年2月1日にオープンしたDeado Brewery(デドブルワリー)。
韓国語では、「대도양조장(デド ヤンジョジャン)」と表記し、
デド醸造場という意味です。

キム・グァンソク通りと言われる大邱の若者のまちの一角に位置しており、
大邱地下鉄2号線の「慶大病院(경대병원)駅」の
三番出口から歩いて10分程度。

小さな小道に入って少し進むと、レンガ造りの建物が見えてくる。
ここがデドブルワリーです。

 

座席は室内の一階、二階、そして野外テラス席がある。
この日は秋の涼しい夜だったため、野外が人気でした。

私たちも野外のテラスで唯一空いていた席につきました。
周りは女性客や外国人のお客さんが多いですね!

 

メニュー

席に着くとすぐに、スタッフの方がメニューを持ってきてくれました。
黒いおしゃれなメニュー!

メニュー

左のページにはおつまみ類、真ん中はビール、右はノンアルコールメニューと、
テイクアウト用の缶ビールの説明が書かれています。

 

外国人グループ客なども来ていたから、英語メニューもあったのかもしれませんが、私が受け取ったこのメニューは韓国語のみの表記でした。

 

下のメニューは写真のメニュー左ページ上から順に紹介します。

 

メニュー

おつまみ

  • クリスピーサーモンwithシュリンプ/27000ウォン
  • 肩ロースチャップステーキ/24000ウォン
  • エビのアヒージョ(カンバス)とパン/17000ウォン
  • ガーリックチキン(手羽先・手羽元 or 骨なし)/21000ウォン
  • トリュフオイルポテト/13000ウォン
  • モクテ(タラの干物のバター炙り焼き)/15000ウォン

ピザ&パスタ

  • クラッシックチーズピザ/15000ウォン
  • ゴルゴンゾーラピザ/15000ウォン
  • ペパロニピザ/16000ウォン
  • ベーコンガーリックピザ/16000ウォン
  • スパイシーチキンピザ/18000ウォン
  • ムール貝とエビのクリームパスタ/15000ウォン
  • ベーコンオイルパスタ/15000ウォン

デドブルワリー醸造 クラフトビール

デドIPA(대도IPA)

  • 価格 8000ウォン
  • 軽い麦芽の風味と、豊富で新鮮なホップのフルーティーさがマッチしたアメリカンスタイルのIPA

ミュニックへレス(뮤닉 헬레스)

  • 価格 6000ウォン
  • 麦芽の香りが活きた、すっきりとした清涼感が特徴のドイツ式のラガー。

ゴールデンエール(골든에일)

  • 価格 7000ウォン
  • 軽く、すっきりとしたボディーに、さっぱりとしたホップの香りが特徴の黄金のエール。

ラテブラウン(라떼부라운)

  • 価格 8000ウォン
  • カラメル、ビスケットの風味が薫るブラウンエールに、コーヒー豆を加えて熟成させ、ほのかに薫るコーヒーが強調されたビール。

ピルスナー(필스너)

  • 価格 6000ウォン
  • ハーブの花のような薫り高いホップの風味が豊富な、黄金のドイツ式ピルスナー。

ミュニックドゥンケル(뮤닉 둔켈)

  • 価格 6000ウォン
  • 炒った麦芽の焼きたてのパン、ほのかに薫るチョコレート、若干のナッツ風味が感じられる濃い口の茶色いラガー。

(売り切れ)ジンジャーライムサワー(진저 라임 사워)

  • 価格 7500ウォン

その他クラフトビール

ホップスフレッシュ(홉스플레쉬)

  • 価格 10000ウォン
  • 新鮮なジュースを飲むような喉越しのニューイングランドスタイルのIPA

ホピラガー(호피라거)

  • 価格 6000ウォン
  • ほのかな花の香りと、松の香りが印象的で、さっぱりとした飲み口が印象的な、澄んだラガービール。

ベルジャンウィート(벨지안 위트)

  • 価格 7000ウォン
  • 甘酸っぱい果実の香りと、柔らかな喉越しの小麦ビール。

(売り切れ)ヘンボク(행복 幸せ)

  • 価格 8000ウォン
  • ヴァイツェンの質感と風味を、一層強化させた小麦ビール。

ヴァイツェン(바이젠)

  • 価格 6000ウォン
  • 甘い香りと柔らかな泡の、バナナのような香りが薫る小麦ビール。

バニラスタウト(바닐라 스타우트)

  • 価格 9000ウォン
  • 甘いバニラと、ダークチョコレートの深い風味があるインペリアルスタウト。

ノンアルコール

100%オレンジジュース(오렌지 주스)

  • 価格 8000ウォン

ラドゥロー(アルコール2%)(라들러)

  • 価格 5000ウォン
  • レモネードと、明るい色味のラガーのカクテル

ハイビスカスエイド(히비스커스 에이드)

  • 価格 4000ウォン
  • ハイビスカス粉末にレモンシロップを混ぜ、レモンとアップルミントが入った紅いレモネード。

コーラ・炭酸水(콜라・탄산수)

  • 価格 3000ウォン

テイクアウト

この店舗は、すべてのビールが缶でも販売されており、
テイクアウトの場合は、1000ウォンが値引きされます。

テイクアウトをして、近くの屋台で売っている食べ物と共に、
川沿いのベンチでクラフトビールを楽しむのもよいのでは?♡

注文

このベルを押すと、スタッフの方がやってくる。

今回は、デドIPAとピルスナーを注文。
おつまみは、軽めのナッツなどで十分だったが、
あまり軽めのおつまみが無かったので、ポテトを注文。

 

 

室内はおしゃれな照明と、シックなデザイン。
楽しそうに仕事をするスタッフの方を眺めながらビールを待ちます。

 

女性同士のお客さんが多い。
すぐ後ろには醸造場が見える。
醸造場前の席は特等席のようだった。
野外の席なので、日が暮れていくのが見える。

注文品到着

まずはビールと、お通しであるプレッツェルが到着。
このプレッツェルが多分わさび味でめちゃくちゃおいしかった!
このプレッツェルが出てくるなら、ビールだけ頼んでも十分かも。

ここは韓国なのでたぶんプレッツェルもおかわりできるのでは。(未確認)

手前がピルスナー、奥が デド IPA

 

到着したビールをグイっと一口。

普通のビールとは違って、クラフトビールはゴクゴクは飲めないが、
その分一杯を味わいながら長く飲むことができます。

 

テドIPAは、レモン・グレープフルーツ・マンゴーの香りが追いかけてくるようなビールで少し苦みが強め。

ピルスナーも香りこそ似ているが、すっきり感が強いので、飲みやすい。

ビールを楽しんでいると、ポテト到着。

 

ってか・・・・

でかい!!!!!!!!!(笑)

ポテトだけでおなかいっぱいになっちゃう!!!!( ^ω^)

別角度から。

カラオケのポテト(誉め言葉)的な細いポテトと、
厚切りのポテトチップスが混ざっています。

この厚切りポテトがめちゃうま!!!

ザクザクしてて、塩梅もちょうどいい。

 

完全に、「やめられない止まらない」状態。

 

横についているのは、ミニトマトが半分添えられたケチャップと、
玉ねぎ感あふれるタルタルソース。

 

カロリー過剰摂取 万歳。

 

隣のテーブルの方々の注文した商品を見る限り、
このお店は、3-4人で来るのがよさそう。
なにせおつまみのボリュームが結構あるので、
あれこれ食べるには数人で来るのが良いかも。

1~2名の場合は、軽くビールとプレッツェルだけ楽しむか、
一品をシェアするのがよさそう。

 

まとめ

ビール1杯を楽しむには十分すぎる雰囲気でした。

 

韓国は夜一人で飲むお店があまりないため、
一人旅行では行動範囲が狭まりがちですが、
ここは女性一人でも問題なさそうな雰囲気でした。
(実際、女性一人で来ている人も見かけた。)

 

おしぼりは、ナプキン入れの裏側(?)にあるので、
ご利用の際はご注意を(笑)

 

大邱に行くことがあれば、夜の一杯はここでぜひ。

 

スポンサーリンク
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

Follow @tmfdl2

suzu-trip | すずとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました