旅行 韓国旅行 釜山(プサン)広域市 慶尚南道

【手続き簡単!】もう飛行機は使えない!?船で行く釜山

旅行

九州、特に北部九州にお住いの方は、船で釜山に行く!というのは、良くある話かもしれません。しかし、他のエリアに住んでいる人にすると、船で韓国(外国)というのは、かなり異色かと思います。そこで、今日は太平洋側住民(?)に向けてはご紹介として、九州民の方にはわかりやすく!釜山に船でいく方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

釜山に船で行くべき理由

  • 荷物検査が簡素
  • 出航一時間前までに行けば、チェックイン可能
  • 釜山港から、釜山駅まで歩いて行ける
  • 博多港から博多駅、天神駅はバス一本
  • 韓国内に入ってしまえばあとは自由自在!(ソウルまでも3時間あれば行ける)

 

釜山の空港、金海空港から釜山の市内は意外と遠く、
電車を1〜2回乗り継がなければいけません。

私も仕事では飛行機を利用しますが、
個人的に行く時には断然!!船派です。

一度船を使ってしまうと、飛行機は使えない!と思うくらい、
相当便利です!!!

釜山港からの夕日

韓国行きの路線

九州近郊から韓国行きの路線は、大きく分けて以下の3つです。

  • 関釜(かんぷ)フェリー <山口県 下関港発><釜山港到着>
  • ビートル(高速船) <福岡 博多港発><釜山港到着>
  • カメリア <福岡 博多港発><釜山港到着>

 

私は、ビートルしか利用したことが無いので、今回はビートルでの釜山行について、ご紹介いたします。


チケットはHPから

ビートルは専用HPがあり、そこから予約が可能です。

早い時期にチケットを取ると、往復で1万円以下のこともザラです。
是非時間に余裕をもって、チケットを取るようにしましょう。

福岡から韓国(釜山)に行くならビートル(BEETLE) | JR九州高速船
福岡から韓国(釜山)に行くならビートル!JR九州グループが運営する、福岡・対馬と韓国の釜山をつなぐ高速船です。間もなく、移動から楽しめる新型高速船QUEEN BEETLEが就航します。個性の違う2つの船を旅行の目的に合わせてお選びください。

 

博多旅客ターミナルへは何時間前までに行くべき?

飛行機で韓国に行くとなれば、近いとはいえ国際線なので、
空港にはおおよそ2時間前目安で行くと思います。

しかーし!

船は、1時間くらい前に港に着けばOK。

私は寝坊して40分前くらいに行きましたが、
チェックインは間に合いました。
(保証はしませんwターミナルへは余裕を持って)

カウンターで、座席を指定し、
港利用料を支払います。(現金のみ)

基本的に荷物の預け入れはありませんので、
自分で荷物を船に運びます。
荷物は船の中に収納場所があり、
各自でそこまで荷物を持っていき、収納します。

チェックインが終了したら、
ターミナル入り口に、
500円のターミナル利用料を支払う券売機があるので、
出国前にそのチケットを購入し、
二階の出国口に向かいます。

両替

受付カウンター横には、韓国系の銀行のカウンターがあります。
ここで両替してもいいし、釜山に到着してからでも両替所があります。

最近はネットで申し込むタイプの両替や、
自動販売機形式の両替などもありますので、
期間や金額などに合わせて利用してみてください。

 

出国

出国口に並びます。
ここで、警備員の方に、港利用チケットを見せると、
そのチケットを回収されます。

パスポートと船のチケットのチェックを、
船会社の方がチェックしてくださり、
ゲート無事通過です。

荷物チェック

荷物のX-ray検査などは、基本的にありません。
飛行機とは違い、液体なども持ち込みOK。

飛行機では液体は預けられないので、
搭乗前には多少のどが渇いていても我慢したり、
さっき買ったばかりの水をゴミ箱に捨てることになったり…
ということは船ではありませんよ!

イミグレーション

カウンターは二つしかありませんが、
乗る人もそこまで多くないので、
そこまで並んで待つことはありません。

免税店

一応あります←

でもとても小さく、品揃えも最低限といったところ。
免税ブランド物などはあまり期待できなさそうです。

免税店の様子

乗船

さて、免税店のチェックが終わったら、いよいよ乗船です。

ターミナルはそこまで大きくないので、
15分もあればゆうに乗船できると思います。

船の入口には、制服や顔ハメパネルなどがあり、
記念撮影も可能です。

船内

船の中に入ったら、荷物は自分で持って入り、
奥の方にあるラゲージスペースに入れます。

酔い止め

飲んだほうがいいか、迷う方も多いと思います。
福岡釜山間の海は結構揺れます。(私調べ)
私は酔いやすいので、毎回酔い止めを飲んでいます。

どうやら船内でも船員スタッフの方に言えば、
酔い止めも貰えるようでした。(隣の席の方がもらってた)

 

到着

3時間で釜山に到着です。

到着後、荷物のチェックがあります。
X-rayの機械に通すだけで、厳重感はありません。

 

入国審査書類

入国申告書、税関申告書の二枚を記入します。
この紙はイミグレーションの手前のテーブル?においてあるので、
そこで記入すればOK。
そのテーブルには備え付けのボールペンもあります。

WifiやSimカードはどうすればいい?

日本国内で借りていくのが確実ではありますが、
韓国で借りたり購入してもOK!

こんな感じで日本語での表記もありますし、
スタッフの方も日本語ができる方が多いです。

 

 

釜山港旅客ターミナルから釜山駅まで

釜山港ターミナルから釜山駅までは、
シャトルバスやタクシーでいく手もありますが、
荷物がそこまで多くないようなら、徒歩がオススメです。

タクシーで釜山駅までは、乗車拒否されるくらい近いです🤣


図の中の赤線のようなルートで行けばOK。
ターミナルからは釜山駅が見えますので、
目の前に見える釜山駅の建物を目指して歩けば釜山駅に着きます。

見えるけどなかなか着かない気になりますがw
10〜15分くらいで到着します。

ターミナルの周辺はこんな感じ。
お隣には足湯があります。(私は入ったことはありませんが)

 

釜山駅に到着したら・・・

釜山駅に到着したら、あとは釜山を満喫するだけ!

甘川文化村で韓服をきて散策したり、
インスタ映えアート壁で写真を撮ったり。

釜山名物の「ネンチェチョッパル(冷製チョッパル)」という、
豚足の料理を食べたり!(冷やし中華のような甘酸っぱい味です。)

釜山のメイン、南浦洞(ナンポドン)で市場巡りするもよし。

ソミョンや、ヨンド、ジョンポのカフェストリートで
カフェ巡りをしてもよし!

楽しみ方は様々!

船での釜山、ぜひ一度行ってみてください!
一度行ったら、どハマりすること間違いなし!です😉

 

関連記事

The following two tabs change content below.
スズキ
1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。 元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流の仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました