福岡 カフェめぐり

【サザエさんOP風焼きりんごとぐるぐるラテ】そふ珈琲

福岡
そふ珈琲の代表メニュー

今回は福岡市内にあるカフェ「そふ珈琲」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

そふ珈琲

そふ珈琲は、七隈線という緑色のラインの地下鉄で、天神から15分くらいの別府(べっぷではなく、べふと読みます)駅から歩いて5分程度の住宅街の入り口あたりにあります。水曜定休、13:00オープンのカフェです。
私は週末に行きましたが、オープン前には何組か待っているお客様がいらっしゃいました。私もその列の後ろに並びました。客層は20代女性がほとんどという感じ。インスタでも有名なお店なので、納得です。

私は4〜5組番目で、お一人様は私一人のようでした。


お店の入り口と花粉症の私。

13:00オープン

13:00数分過ぎにお店の中から、店長さんと思わしき男性が出てきて、先頭から案内をしてくれます。前の方々が入店し終わり、私も中に通されました。お一人様なので、カウンターの一番奥の席に座ります。珈琲を作っているところが見える特等席です。

陽射しを目当てに行くならオープンと同時に。

窓際の席は、おそらく1組目の4人組の方が座っていたと思います。このお店は奥まで陽が入らないような感じなので(陽が沈むまでいたわけでは無いので、確実では無いですが)、陽射しの入った写真を撮影される際は、オープンと同時の13:00に入店できるようにお店に行って、窓際の席に座れれば、陽の入った写真が撮影ができるかと思います。(私もフィルムカメラで写真を撮る人間として、陽の入り具合は本当に重要視しています!)平日なら、休日よりも窓際の席に座れる可能性が高いかもしれませんね!

店長さんがあしらわれた(?)可愛いメニュー。

注文すべきメニューは?

私はインスタで見た焼き林檎と、ぐるぐるが描かれた飲み物を試してみたかったので、「焼き林檎と、ぐるぐるの飲み物ください!」と注文しました(笑)

ぐるぐるの正体は「カフェモカ」でした。

冬の時期にそふ珈琲に来たら、「焼きりんご」はマストだと思います!私は今回カフェモカを注文しましたが、お隣のお姉さまはドリップコーヒーを注文されていました。どの飲み物も美味しそうでした❤️

右が焼きりんご。

そふ珈琲名物 焼きりんご

焼きりんごが先に出てきました。サザエさんのオープニングのように可愛らしいりんご!間にはバニラアイスが挟まっています。ヘタの部分はパイです。周りの破片(?)はアーモンド。

「アイスが溶けてしまうので、アイスを先に横に外してからお召し上がりください。」

と、お声がけくださいました。確かに、あったかりんごなので、アイスはすぐに溶けてしまいそう。まずは、アイスを横にずらして、ついでにアイスの味見を。美味しいアイスクリームです!(語彙)りんごは、サクサク感の残ったスタイル。りんごまるごとなので、これだけでお腹いっぱいになりそう・・・(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

そふ珈琲謹製 ぐるぐるカフェモカ

福岡のカフェ好きであれば、ご存知「ぐるぐるのアレ」です。ぐるぐるの正体は、カフェモカ。スチームミルクの泡の上に、チョコレートシロップで、ぐるぐるが描かれています。


ぐるぐる作成中。

ぐるぐるカフェモカは、チョコレートの味が濃厚で、ミルクたっぷりの味わい。
カップも大きいので、かなりたっぷり飲めます。

店内にはロースティング?の機械も。

まとめ

他の方が注文したのを見る感じ、ココアも可愛らしい感じで、次に行ったら頼んでみたいですね。カフェの店内は静かで落ち着いた雰囲気ですが、ウェイティングが気になるので、実際にはゆっくり出来ないかもしれません。夜10時までやっているカフェなので、遅い時間ならゆっくりできるかもしれませんね。

ごちそうさまでした♡

そふ珈琲 アクセス

別府駅から歩いて5分。お店専用の駐車場は無いようでした。(お店の方には未確認ですが)近くのパーキングに停めるか、公共交通機関で行くのが良いかもしれません。


スポンサーリンク
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

Follow @tmfdl2

suzu-trip | すずとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました