韓国

韓国田舎旅!江原道・テベク 風の丘

韓国
スポンサーリンク

太白ってどこ?

平昌オリンピックで有名になった江原道エリアにある内陸部の市『太白(テベク)市』です。釜山などがある慶尚道とも隣接しています。

ソウルを流れる漢江の源流もここ太白(テベク)にあり、昔は炭鉱で栄えた町なんだとか。ソウルからは、仁川空港や金浦空港からのアクセスが便利で、太白行きのバスで4~4時間半です。

風の丘

近年、テベクといえば、ここ。

梅峰山メボンサン 風の丘バラメオンドク

風力発電用の風車がたくさんある「風の丘(バラメオンドク/바람의 언덕)」は、梅峰山という1330mの山にあります。山肌には白菜が植えられており、高地栽培の地としても有名なんだとか。丘を上がると、一面緑の白菜畑!そして白い風車!

の、はずだったのですが、この日も雨でした。

さすが雨女。

晩秋に行ったため、白菜の収穫も全部終了。
さらに、風車も雨のため見えず。

ちーん。

しかし!
なんと途中から雨が雪に!!!!!!!!!

初雪♡

雪が降ると下山も大変なので、あわてて避難するように下山しました。
めちゃくちゃ寒かったけど、雪も見れたし!
春の晴れた日にまた来れたらいいなー。

どうやらここは、夜の星も綺麗なようなので、星の写真を撮りに来る人たちも多い模様。

風の丘へのアクセス

「風の丘」へは、テベク市外バスターミナル内から、
ハジャン(하장)・イムゲ(임계)・イェスウォン(예수원)方面の市外バスに乗り、
サムスリョン(삼수령)で下車。(バス料金1300~1500ウォン)

そこからは徒歩1時間程度。

* テベクバスターミナル->サムスリョン行きバス時刻

= 06:10 08:50 09:50 12:20 14:45 17:00 18:00 19:00

* サムスリョン->テベクバスターミナル行きバス時刻(サムスリョンを通過する予想時刻)

= 07:30 09:00 11:25 13:15 15:00 18:00 18:50

タクシーでも行くことが出来ますが、農繁期の場合、車両の立ち入りが制限される場合があります。
その際は、行けるところまで(山の下のあたり)行って、そこから徒歩になります。徒歩での移動の場合、往復1時間半~2時間かかるようです。

テベク市外バスターミナルまでは、
仁川空港からは4時間半、
金浦空港からは4時間程度。

テベク市観光案内所(태백시관광안내소)
(033-550-2828, 552-8363)

テベク名物 ムルタッカルビ(水タッカルビ)

テベクといえば、『ムルタッカルビ』が有名です。日本でもいろいろなお店で食べられるタッカルビのスープのあるバージョン、という感じでしょうか。

が!!
この日は下山して、テベクのまちでスンデジョンゴルを食べました!www

ムルタッカルビ紹介できず、すみませんwww

こんな感じの絶品スンデ鍋。

豚の腸に野菜や春雨などを詰めたソーセージのような「スンデ」。ニラやネギ、エノキなどの野菜がたっぷり入ったピリカラの鍋で、スープは真っ赤ですが、さほど辛くはありません。これを食べに行くだけでも、テベクに行きたいと思うほど絶品でした。

スンデにはソジュと決まっています。(?)

一本全部飲むと大変なことなので、すこーしだけ飲みました。

テベクの街並み。ここもさほど大きくないまちです。


Twitterで最新情報発信中!

\インスタでも情報発信中/

スポンサーリンク
\ Follow Me! /
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

\ Follow Me! /
suzu-trip
タイトルとURLをコピーしました