雑記

コロナ禍の今こそ、飲食店が情報発信すべき理由【テイクアウト】

雑記

こんにちは。すず(@suzu_tirp)です。

各地で緊急事態宣言の延長が決まり、
コロナのこの状況も長引く見通しですね。
正直こんなに長引くとは思っていませんでしたが、
ここでまた気を緩めると、また感染拡大につながると思うので、
なんとかこの危機を踏ん張るしかないな、と思っています。

コロナ禍で、飲食店は甚大なダメージを受けているとニュースでも
日々報道されていますし、そこに食材を卸している方々や、
関連する企業の方々などもダメージが大きいと思います。
また、緊急事態宣言の期間中は完全にお店を閉めているところも多いと思います。

そんな中、いち消費者としても飲食店を応援したい!と日々思っているものの、
検索してもなかなか欲しい情報が出てこないことが多いため、
消費者視点で、私の「テイクアウトするまでの動線」を元に、
もっとこうだったらいいな、という点を以下の通りまとめてみます。

スポンサーリンク

飲食店が20:00までの営業になったことによる行動変化

これは私の知人のケースです。

9:00〜18:30までの勤務が通常の勤務で、その日は残業。
19:45に仕事が終わり、普段であればどこかで軽く食べて帰宅するはずが、
コロナ禍の20:00まで営業により、
お腹はすいたけど、飲食店のラストオーダーは既に過ぎている。
じゃあ、どうする?コンビニ?宅配ピザ?Uber Eats?
コンビニ弁当では味気ない、
宅配系で家に帰る時間を計算して注文するのも面倒、
そして届くのを待っていたら遅くなる。
結果、「食べなくていいや」という判断になり、早めに就寝。

こういう方、結構いると思うんですよね。

以前21:00すぎにホカ弁屋さんの前を通り掛かったら、
行列になりそうなくらい人が多かったことが何度かありました。
コンビニも遅い時間になると以前よりも人が多い印象を受けます。

ご飯を家で作って食べるには遅くなるから、
サクッと買って、さっと食べてゆっくりしたい、と思う人が多いのだと思います。
私も以前、残業をして、家で作って食べるにはもう遅いな、
先に注文して、帰りがけにテイクアウトして家でサクッと食べようかな、
と思って、情報を探すのですが、なかなか情報が無いことが多かったのです。

 

 

この時間ならいいかな?と思い、一人でサクッと飲食店に入ることもありますが、
どんな人が隣に来るかわからないこともあって、最近はテイクアウトばかりになっています。

そして、以前、一人でサクッとご飯を食べようとお店を覗いたところ、
マスクをして大きな声で「いらっしゃいませーーー!」と
威勢よく挨拶をしてくださったスタッフさんがいたり、
マスクをあごにしたままだったり、というスタッフの人がいたり、と
お店によって、人によって、感染対策はまちまちだなぁ、という印象を受けました。

 

私は比較的考えが敏感な方だと思うので、
布やウレタンのマスクに対しては抵抗感がありますし、
元から人が多い場所はあまり好きでは無いですが、
コロナ後はより一層、人が多く、換気がよくなさそうな場所は避けるようにしています。

 

気にしない人もいるかもしれませんが、
気にする人は気にするのです。
お客さんもいろいろ、店員さんもいろいろです。

 

外食や複数人での会食を控える時期が長く続いている今こそ、
テイクアウトで持ち帰って家で食べれるように、
情報発信をして欲しいと思うのです。

無料でできる「チラシ」が、SNSでの情報発信です!
後半ではどう情報発信をすべきかもご紹介いたします。

テイクアウト(購入)までの流れ

一般的な行動
  • テイクアウトしたい

    残業になりそう、家でご飯作るのだるい、誰かの作った美味しいご飯食べたい

  • Googleマップで近くのお店探す
  • クチコミと写真をチェック
  • クチコミがコロナ前か、落ち着いている時のコメントばかり

    テイクアウトメニューわからん

  • インスタ検索する
  • 「#地域+テイクアウト」タグで関係ない写真が上がってくる

    テイクアウトなのに自撮り?
    近くのお店でテイクアウトメニューあるかわからん

  • もうコンビニでいいや

黄色いラインのところで、お客様予備軍のチャンスを逃しているのがわかります。
ここでSNS情報提供ができていれば、このお客様はGETできるはずです。

さらに私の場合をご紹介します。

  • テイクアウトしたい

    残業になりそう、家でご飯作るのだるい、誰かの作った美味しいご飯食べたい

  • デリバリーサービスアプリで周辺店舗検索

    Uber Eats, Panda Express, DiDi food等を活用して、
    気分で食べたいものを検索。

    配達エリアで区切って表示されるありがたいアプリのため、
    近場のお店を料理のジャンル別で検索することができます。

    デリバリーサービスに登録している店舗は、
    持ち運びできるテイクアウト用のパッケージの用意などがあるため、
    多くの場合、テイクアウトも可能。

  • Googleマップ検索でお店の位置確認

    近場であれば、運動がてら歩いて取りに行く。

  • Instagramでそのお店に関連する写真検索

    こういう感じのメニューがあるのね。美味しそう。
    一人前いけるかな?

  • Googleマップに戻って電話番号チェック
  • 電話してみる

    「テイクアウトしたいんですけど、今日大丈夫ですか?」

    インスタでこんなメニューを見たんですけどありますか?など、入荷状況や時間帯によって出来るもの・出来ないものがあると思うので、確認します。

  • テイクアウト予約完了

    お店に着く時間を伝えて電話終了。

  • お店に行って受取り

    事前に電話予約をするので、ピックアップの時間もお会計含め、
    2分程度で終了。急いで帰って、温かいうちに食べる。

 

私はかなり情報検索を駆使するタイプなので、
一般的な方よりは、いろいろな情報にアクセスしているかも知れません。
Uber Eatsなどのデリバリーサービスもよく利用しますが、
コロナ禍で外に出ることを控えていることもあり、
運動がてら自分で取りにいくことも多くあります。

  • Uber Eats
  • Panda Express
  • DiDi food
  • Wolt
  • 出前館
  • Googleマップ
  • Insragram
  • Facebook
  • Twitter

私はこのようなSNSやアプリを渡り歩いて、
テイクアウトするに至っています。

 

この中で情報が引っかかってこないと、
基本的には購入しません。

 

街を歩くと、店舗の前に細かい字で詳細に書いた
テイクアウトメニューボードを掲げていたり、
「テイクアウトできます」と書いてあっても、
店舗に入らないとメニューがわからないお店もかなりあります。

 

でも、購入する意思が固まっていないのに、
立ち止まってメニューをよく読んだり、
店に入ってメニューを聞くのは、かなりハードルが高いです。

そのため、事前に情報がわかるように、
どんな形でもいいのでオンラインで情報発信をしましょう!とお伝えしたいです。

じゃあ、情報発信ってどうすればいいの?

Twitterでもこう書きましたが、
このコロナ禍では、利用できるツールはなんでも使うべき!とお伝えしたいです。
オンライン上であれば、とりあえずOKです。
情報を取りに来る人は、既にそれぞれのプラットフォームに一定数いるものです。
まずはどこか、オンライン上のどこでもいいので、
インターネットの宇宙の中に、文字や写真の情報を放つことが大切です!

Googleマイビジネスへの登録

私はGoogleの回し者でもなんでもありませんが、
世界のGoogleです。ユーザーの多さは抜群に多いので、
ここに登録するだけで情報発信のパワーが一気にアップします。
登録方法は「googleマイビジネス 登録方法」で検索すると、
丁寧に説明してくれるページがたくさんあるので、
読みながら進んでいけば登録できるはずです。

 

GoogleMap上での情報発信

Googleマイビジネスに登録すると、GoogleMapに情報を登録することができます。
Googleマップ上にお店の最新情報が載っていると、
ユーザーとしてはとても楽で、友人などにもシェアしやすいです。
(地図とお店の情報、写真などが一回のシェアでできる。)

オンラインデリバリーサービスへの登録

登録すべきサービス
(レストラン登録)

Uber Eats, Panda express, DiDi food, Woltなどのオンラインデリバリーサービスは、
実際に注文しなくても、配達エリア内のお店を一覧で見ることができるようになっているので、
「お腹すいた気がする〜食べたいものなんか無いかな〜」というぼんやりとした時にも、
「こんなお店あるんだ!」と思わせることができます。
実際に、私もこういったアプリでお店を知って、実際に注文したり、
テイクアウト利用したりしたことは何度もあります。

だから、「デリバリーサービスは手数料もかかるし、登録するのは辞めておこう」と思わず、
「お客様予備軍」のためにも登録して欲しいと、消費者の立場からは思います。
(ほとんどのアプリは登録は無料、商品の料金に手数料分を
上乗せして表示すれば損することもありません。)

使い方がわからない!という方は、
どのアプリでもよいので、一度登録して、注文してみてください。
そうすると、どういう仕組みなのか、
受け取るにはどういう流れなのか?を知ることができます。

それぞれの初回利用クーポンも置いておくので、
アプリ内で一度使ってみてくださいね!

デリバリーサービスを使ってみる

  

SNSで毎日情報発信

人というのは忘れる生き物です。
今は情報過多社会であるため、必要ないと判断した情報は右から左に流れていきます。
だからこそ、情報発信は毎日する必要があります。

 

媒体はなんでも良いです。
Instagram,Twitter,Facebook…なんでもOK!
どこかにアップすれば誰かが見てくれます。

複数のSNSで情報発信をすると、
それだけアクセスの窓口が増えるので、
より良いですよ〜

SNSの登録は無料です。
無料でアクセス窓口を増やすことができるので、やらない手はないと思います。
いや、私みたいに美味しいご飯をテイクアウトで食べたい人のためにも、
ぜひ情報発信をしてください!お願いします。

 

今の時期、発言すべきは大きく3つ。
  • テイクアウト商品に関しての情報発信
  • お店・店員さんの衛生対策情報発信
  • 来店する人のために店舗の混雑状況もシェア

テイクアウト商品に関しての情報発信

緊急事態宣言が出ている地域は特にテイクアウト情報は多く出すべきだと思います。
このコロナ警戒の期間はもう1年以上と長期間になっているので、
大勢の人がいる場所での飲み食いに対して抵抗感を感じる人は、
既にその考えが定着してきていると思います。(私含め)

 

そういう考えがあっても
「誰かが作ってくれた美味しいものを食べたい」という思いは、
大いにあるんです!!だって、どこにも行けないし、
美味しいものを食べることでしか癒されるものがないじゃないですか😭

そんな今だからこそ、美味しいご飯!
食べたいです。

こういう私みたいな人のためにも、
どんどんテイクアウト情報を出して欲しいと思います。

お店・店員さんの衛生対策の情報発信

お店の方があごマスクで料理を作っていたり、
素手で食材を触っていたり…
検索した時にお店のSNSの写真でなんとなく映り込んだスタッフの方の写真で
あるお店に行くのを辞めたことがあります。

 

アルコール置いています、はもう定番になりました。
それでも、その「定番」をシェアして欲しいです。
 

お店が気をつけてやっていること、
お店の換気状況とか、席の配置状況とかそういう情報をどんどんアップして欲しいです。

来店する人のためにも店舗の混雑状況もシェア

街を歩いて通りがかりに見ると、ギチギチと思うくらいに満席のお店もありました。
この時間帯は空いていますよ、という情報発信をしていただけると、
そういう状況が気になる人は、混んでいる時間を避けて訪問できるのでは、と思います。
お店で食べる方も「空いているならサクッと食べて帰ろうかな?」と思うかもしれません。

テイクアウトで美味しいご飯を食べたいと思っているお客さん予備軍は多い!

まとめです。
私の周りにもテイクアウトで美味しいご飯を食べたいと思っている人は多いです。
でも、その情報が「そのお店の前の看板の前」に行かないと分からない、となると、
料理が出来上がる時間などを考えて「やっぱりいいや」と買うことを控えてしまいます。

そうなると、お客様予備軍を逃してしまうことになってしまうので、
事前に情報提供していただけると「お客さん」として、利用しやすくなります。

これまで「今日は夜ご飯食べないで寝ちゃおう」とか
「コンビニでいいや」と思っていた人たちが、
「仕事帰る頃に料理を予約して、帰りがけに取りに行って、家で食べる。」が
実現するといいな、と思います。

スポンサーリンク
\ Follow Me! /
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

\ Follow Me! /
suzu-trip
タイトルとURLをコピーしました