雑記

話題のアプリ「Clubhouse」って何?どうやって使うの?使ってみて感じたこと

雑記

こんにちは。すず(@suzu_tirp)です。

「Clubhouse」って皆さんご存じですか?
最近話題の「あのSNS」です。

まだ日本ではそのユーザーの絶対数が少ないこともあり
(テレビで取り上げられて爆増しているけど)、
多くのユーザーは「どうやって使うの???」とプロフィールを登録して、
よくわからない状態となっているのではないでしょうか?

 

私も初めは全然何が何だかさっぱり状態でした…。
プロフィールだけ登録したまま、
何をどうしたらいいのか???

 

少し使っていくと、だいぶ使い方もわかってきたので、
その感想をここではシェアしたいと思います。

 

このClubhouseの成り立ちなどについては、
より詳しく説明されている方がいらっしゃるので、
ここでは、私が使用してみて感じた意見をまとめます。 

スポンサーリンク

「Clubhouse」ってそもそも何?

1月下旬(1/23頃)に日本でローンチされた新しいSNSです。
そのメインは音声で「音声版Twitter」と言われています。
現在はiOS版でのリリースのみで、iPhoneユーザー以外は利用ができず、
表示言語も英語版のみです。

音声での配信となりますが、スクリーンショットでの音声録音などもできず、
そこで聞いた情報をメモすることも許されていないため、
完全オフレコの「生放送」のみ、声コンテンツというと分かりやすいでしょうか?

アプリへの加入方法

現在は、紹介制のみでこのアプリに入ることができ、
デフォルトは1人につき2名で、活動を活性化させると紹介できる人数が増えます。

私が使った感じだと、トークの参加など2回(2時間程度)すると、
追加で3人の枠を付与されました。

 

登録したい人(Aさん)は、まずApp storeで「Clubhouse」と検索して、
アプリダウンロードをし、ID登録をします。

すると、既に会員になっている人(Bさん)の電話帳とアプリが既に同期されているので、
AさんがSMS認証が終了したら、Bさんに「○○さんが入りたがっています!」という
お知らせがきます。

誰かを招待したい場合は相手の電話番号を聞き、電話帳に番号を登録することが必要です。

 

最初はどう使うかわからない状態。

自分の電話帳に登録されている人が登録されることが多いかと思いますが、
SNS発信を積極的にしている人が周りにいない、というときは、
有名人をフォローしてみて、その配信のお知らせが来たらトークルームに参加してみてください。
実際に使ってみると、その使い方や参加方法などが分かってくると思います。
(百聞は一見にしかず!です。音声コンテンツSNSですが…)

 

Instagramでもものすごいフォロワー数の渡辺直美さんなどは、
検索するとすぐに出てきますよ~!

どうやって楽しむものなの?

誰かが話している立ち話を盗み聞きすることもできますが、
参加者が多いトークルームなどは、講演会のような感じで、
モデレーター(そのトークルームの運営権限を持っている人)と、
スピーカー(モデレーターと一緒に話す人)リスナー(聞くだけの人)という分類になります。

 

まずは、芸能人などをフォローして初めてみると、
どんな感じかわかると思います!

  • 藤田ニコル:@fujitanicole
  • 渡辺直美:@naomi_watanabe
  • 小嶋陽菜:@nyan
  • フワちゃん:@fuwachang
  • 橋本環奈:@kannahashimoto
  • バカリズム:@bakarhythm


初心者マークはクラッカー!

アイコンの横にクラッカー🎉マークが表示される人は、
加入してから1週間以内の新しいユーザーという意味です。

退室はピースマーク✌️

退室はトークルームの左下に出てくるピース✌マークをタッチすると、
その部屋から出ることができます。

 

トークルームの開き方

トークルームの種類は3種類。

  • Open:誰でも入れる
  • Social:フォローしている人だけ
  • Closed:招待した人のみ

それぞれ、公開範囲が分かれています。
誰でもトークルームの主催者になることができ、
そのトークルームは他のSNSでもURLとしてシェアすることが可能です。

 

また、トークルームを開く際は、
「Event Name」というところにトークルーム名、
「Description」にはルーム説明
を入れることができます。

また、上部にあるカレンダーマークから
事前に日にちや時間を設定して、
トークルームを予約設定することもできます。

トークルームの時間制限なし

トークルームの時間制限がないため、話が盛り上がって、
気づいたら何時間もすぎていた!なんてことも多発しているようです。

 

トークは時間を区切ってやるのがおすすめ!

使ってみた感想

ざっくりいうと「一般人の雑談」を盗み聞きしているような感じで、
インスタライブのように、話している最中にリスナーとスピーカーが
コミュニケーションを取ることはできないため、
ラジオの中の人と、その視聴者という感じ。

モデレーターになると、スピーカーをトークルームに招待したり、
スピーカーは手をあげて発言したい気持ちをモデレーターに伝えることが可能です。

いろいろな人のトークルームを回ってみましたが、
やはり放送業界、特に報道系の方々のトークルームは、
非常に聞き応えがあって、かつ聞きやすいです。

このトークルームは本当に面白かったです。

 

やはり普段から「話すこと」を仕事にしている人は、
Clubhouseではかなり強いと思います。

 
そして、話す側になったら「相槌をよく打つ人は気をつけるべき」です。
リスナーからすると、同時に複数人の声はかなり聞き取りづらいです。
一人が話終わったら、もう一人が話すというように心がけると、
リスナーが聞きやすいと感じました。

 

また、モデレーターの仕切りや司会っぷりは、
そのトークルームの面白さをかなり左右します。
進行表や企画書がありそうなトークルームは中間でだれることもなく、
かなり面白い話を飽きずに聞くことができたため、
リスナーを飽きさせないためには準備も必要だと感じました。

 

実際にトークルームを開いてみた感想としては、
知らない人との偶発的な出会いがとても面白いです。
でも、いわば「知らない人」と音声情報だけでやりとりするので、
共通の趣味やトークテーマに関心のある人が集まったのでなければ、
トークルームでリスナーが楽しいと思うような話を
何十分も話すのは難しいと感じました。

初めて作ったトークルームは、
Clubhouse初めてで何が何だかわけわからん!という人向けに開いた
「ボタンをいろいろ押してみる練習部屋」でしたw

ちょっとやめてほしいと思った萎え機能

私が電話帳に登録していなくても、相手がこちらの電話番号を登録していると
「お友達ではありませんか?」とお知らせが出ます。
私がお友達じゃないと思っても、Clubhouseからしたらオトモダチなのです。
本当に勘弁してほしい。双方登録しているときだけにしてくれ、、、と思いました。

縁を切りたいと思っていた人、元カレ元カノなどの登録のお知らせがきて、
萎えたという話を何件も聞きましたwww

そして、なんか押したらトークルーム勝手に開かれちゃったやん!という出来事もあるので、
初期の、まだ慣れない頃は要注意です…😂

 

まとめ!

 

音声で、記録が残らない形の新しいSNS「Clubhouse」は、
まだβ版のため、今後マネタイズなども含め、
いろいろ発展していくという話なので、
この先がとても楽しみなSNSだと思います!

 

私のアカウントもぜひフォローしてください!

\【 @suzutrip 】です!/

スポンサーリンク
\ Follow Me! /
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

\ Follow Me! /
suzu-trip
タイトルとURLをコピーしました