小石原焼 やきもの

東峰村・小石原の今

やきもの

水害から2週間以上たち、
多くのボランティアのみなさまの人海戦術のおかげで
土砂に埋もれたお宅や、道なども
以前の姿に近づいてきたようです。

遠方からのボランティアの方々も多く、
福岡県民としてありがたく思います。
本当にありがとうございます。

さて、ここからは、私が7/22(土)に小石原に実際に足を運び、
私が自分の目で見、話して感じたことをお伝えしようと思います。

まず、初めに立ち寄ったのは、
【高取焼宗家】

七絵さんに会いに行ってきました。
水害ののち、長男くんも東京から緊急で戻ってきて
作業をされていました。

ここは被害も大きく、
土を作る道具である唐臼(からうす)が折れ、
穴窯は隣の竹林が崩れて煙突が傾いたり。
実際に見ると自然と、水の威力にただ圧倒されます。

多くのボランティアの方が
連日泥の掻き出し作業をしてくれたおかげで、
重機やチェーンソーが必要な個所以外は、
ほぼ片付いた、ということでした。

しかし、一番重機が必要である窯まわりは、
人が一人通れる程度の道と、その横に川があるだけなので、
重機を入れること自体大仕事になりそうです。

水に浸かった土間も10cmほど削り、
隣とはさらに一段低くなっていますが
作品や畳などには影響がなかったようで、
不幸中の幸い、ですね。
(指をさしているあたりまで水がきていたらしい)

少し話して、他愛もない話をして。
パンも無事お届け!
少し気分が和らいでくれたら♡、と思います^^

高取焼宗家には、検問の方に「高取焼宗家に行きます。」
と伝えて、行くことができました。

七絵さんと話して、私の方が元気をもらってしまいました!

 

【鶴見窯】の横を通り過ぎようとしたら、
亜矢子さんが外で作業されていたので、チラッと顔を出してきました♡

今回の水害の際に、もともと窯があった場所は火事になってしまったけど、
お店の横にあった、ずっと使っていない登り窯を崩して、
そこに新たに窯を設置する予定とのこと!
以前は作業していたところから軽トラで運んで、焼いて~としていたけど
今度は作業⇒焼成とスムーズに行えるようになる!との嬉しいニュース。

「前向くしかないよね!」と亜矢子さんが仰っていたので
「そうですよ!ここからが小石原の力の見せ所です!!」と、
二人でやる気を出し合い(笑)

どさくさに紛れて
前に買えなかったワイングラスを購入(笑)

買って応援です!!!!!

取材に来たマスコミの方たちも
取材がてら結構買っていくのだそう^^
ボランティアにいらした方も機会があれば是非♪

 

次は、道の駅小石原の向かいにある【マルワ窯】へ。

前回来たときは会えなかった、富隆さんととみさんに会いに♪

お店に車を停めるなり、笑顔で迎えてくれたとみさん!
作業場で作業中の富隆さんにもご挨拶。

久しぶりにみんなの顔を見ると安心する(;_;)

富隆さんは窯の修理・点検をされていました。
(今後、ほかの窯の方で被害に遭われた方に
活用してもらえるように、とのこと!^^)

そのあと、あれやこれやお話を伺いました。
やはり今はなかなか、話したくても話せないような状況だから
お話し聞きに行ってよかったなーと。

マルワ窯のあとは、お隣の【太田哲三窯】へ。

母からのお使いを頼まれていたので、
こちらはお皿購入目的で。

お店に入って挨拶をすると、奥からおかみさんが。

「よぉきんしゃったね~(よく来ましたね)」

やっぱり、あの水害のあとからお客様はほぼゼロとのこと。
コーヒーをいただき、雨が降った時の話とか、小石原の昔の話とか
いろんなお話を伺いました。


(太田潤さんのガラスのコップと哲三さん手作りの木の匙がかわいい!)

水害のあとすぐ(数日後)に、台湾から個人旅行客の方が
自らレンタカーを運転して(!)小石原まで来たんだとか!!
もともとお客さんを連れてくるための下見に来る予定を立てていて、
今回ダメ元で来た!と話していたそうな。
すごい・・・(゜o゜)

そして、私とおかみさんが話しているところに!
常連さん?お友達?がいらっしゃり、
おかみさんも久々の再会ににっこり^^

話を聞くと、やっぱりみんなダメ元で来ているみたい。

 

みなさん、小石原までの嘉麻峠を通る道は全く問題なく通れますよ!
そして、国道沿い・皿山地区は問題なく入れます!

10軒くらいを除いては、みなさんお店を開けているみたい。
でも、被害が大きかった窯もあったり、
宝珠山や朝倉の被害のことを思うとお店を開けています!と、
大々的には言えないから、みなさんひっそりとオープンしている模様。

私は外部の人間としていうけど、
全部の窯元が全部お店閉めて、
どんよりした空気になって産地として倒れるよりも、
できるところから どんどんお店開けて、仕事して!
被害が大きかった窯元が復活したときに、
みんなが頑張っているところに一緒に乗っかってこれるように
周りの窯元さんたちはどんどん仕事をするべきだと思うのです!!
今こそ「チーム小石原焼」の力が必要だと思うのです!!!

 

道の駅もこんな感じでオープンしています!(7/17より)


うつわもいつも通り並んでいます!!
少ないですが野菜も入荷しています!

とんでもなく大きいキュウリやナスが破格!!!

 

私の腕くらい長いナスが一本30円!!!
なんという破格。。。(((((((( ;゚Д゚)))))))
(爆買いして帰ったワタシ)

 

食べてみたら味ももちろん!
美味しかったです!!!

 

ボランティアで力仕事はなかなか、、、という方!
是非!小石原に焼き物を見に、買いに!行ってみてください!
窯元のみなさんが、待っています!^^

 

どの窯おかみさんたちも、器を買わなくとも
「よぉきたねぇ」と言って、きっと歓迎してくださいます。
(ここが私が小石原が大好きな理由のひとつ♥)

 

みなさん、多かれ少なかれ不安なはずです。
気持ちが沈んでいるはずです。

小石原焼がすきなこと、今だからこそ、
窯元さんたちにたくさん伝えてください!!

意外と福岡市内から1時間半くらいなので
是非次の週末は小石原へ!

そして、みんな地域は元気だよ!と、
発信してほしいと思います♡

小石原を盛り上げるのは、
そこのあなたです!!!

 

(こばなし)
行きに福岡市東区にあるフルフルという地元で有名なパン屋さんに寄りました。
そこで、「これから東峰村に行くんですよ~」なんて話したら
お会計をしてくれたお兄さんが
「ボランティアされるみなさんでどうぞ!疲れると甘いもの欲しいと思うので」と
サブレをくださいました!

優しい気持ちにほっこり(;ω;)

炎天下の中の力仕事でお疲れのみなさんにお渡ししました!
フルフルのお兄さん、本当にありがとうございました♥

そして、ボランティアのみなさまからの声により、
ボランティアセンター小石原本部には
こんなブースもできています!


ボランティアにお越しの際はぜひお立ち寄りを!

 

 

 


 

スポンサーリンク
Profile
すず

1988年1月生まれ。神奈川県横須賀市出身。青森にもルーツ有。
元美容師。海外で美容師として働く夢を叶えるべく、都内短大(英文学)卒業後、都内美容学校へ。都内サロン退職後、2014年に韓国留学。留学終了後、帰国。都内韓国関連会社勤務後、横浜から福岡に移住し、現在は日本国内で韓国関連、日韓交流、観光インバウンドの仕事に携わる。韓国の田舎の姿にハマり、現在は、週末・休暇を利用して、韓国の地方都市の旅をしている。好きな食べ物はスンデ。

Follow @tmfdl2

suzu-trip | すずとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました